治療の種類と内容

女性で薄げに悩んでいる場合、専門のいえよう機関で治療することをおススメします。薄毛専門の医療機関では治療を始める前にカウンセリングや検査を行い、薄毛の原因を特定します。検査内容は主に「血液検査」と「メディカルヘアケア」の2種類があります。「血液検査」では薄毛治療に使用する薬が内蔵機能に悪影響を与えないかの検査をし、さらにホルモン異常や甲状腺疾患などがないか身体検査を行う場合もあります。「メディカルヘアケア」では頭皮の状態を確認し、頭皮の毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を除去して血行促進を促します。また治療経過を確認するために治療前の頭皮の状態を写真撮影しておく場合もあります。

治療方法には、発毛を促進させる「ミノキシジル」という薬品を『直接頭皮へ塗布する方法』、抜毛を改善し発毛を促す治療薬「パントガールR」を『内服する方法』、育毛作用のある薬剤を頭皮に注射する『育毛メソセラピー』、育毛や発毛に必要な栄養素を補給する『サプリメントの摂取』、発毛に欠かせない成長因子や細胞増生因子の生成をサポートすることで育毛・発毛を促す『サイトカイン療法』などがあります。

女性の薄毛治療は年々進歩し様々な方法が確立されていますが、まずは薄毛の原因を特定しなければ効果的な治療方法を探すことはできません。そのため専門の医療機関でしっかり検査やカウンセリングを行い、薄毛の原因を特定するようにしましょう。