女性で薄げに悩んでいる場合、専門のいえよう機関で治療することをおススメします。薄毛専門の医療機関では治療を始める前にカウンセリングや検査を行い、薄毛の原因を特定します。検査内容は主に「血液検査」と「メディカルヘアケア」の2種類があります。「血液検査」では薄毛治療に使用する薬が内蔵機能に悪影響を与えないかの検査をし、さらにホルモン異常や甲状腺疾患などがないか身体検査を行う場合もあります。「メディカルヘアケア」では頭皮の状態を確認し、頭皮の毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を除去して血行促進を促します。また治療経過を確認するために治療前の頭皮の状態を写真撮影しておく場合もあります。

治療方法には、発毛を促進させる「ミノキシジル」という薬品を『直接頭皮へ塗布する方法』、抜毛を改善し発毛を促す治療薬「パントガールR」を『内服する方法』、育毛作用のある薬剤を頭皮に注射する『育毛メソセラピー』、育毛や発毛に必要な栄養素を補給する『サプリメントの摂取』、発毛に欠かせない成長因子や細胞増生因子の生成をサポートすることで育毛・発毛を促す『サイトカイン療法』などがあります。

女性の薄毛治療は年々進歩し様々な方法が確立されていますが、まずは薄毛の原因を特定しなければ効果的な治療方法を探すことはできません。そのため専門の医療機関でしっかり検査やカウンセリングを行い、薄毛の原因を特定するようにしましょう。

男性に多い悩みという印象が強い「薄毛」ですが、女性でも悩む方が多くいらっしゃいます。女性の薄毛は男性の薄毛とは異なり、「女性型脱毛症」と呼んで区別しています。女性の薄毛の場合前頭部分の毛髪を中心にハリが失われ、毛髪自体が細くなり頭皮が透けて見える状態になります。分け目が目立つようになってきたら症状の現れですが、薄毛の原因は様々あり一概には言えません。ここでは考えられるいくつかの原因についてご紹介します。

女性の薄毛「女性型脱毛症」の原因として考えられる最も大きな原因が「加齢」です。加齢と共に毛細胞は徐々に構造が変化し、繊維化することで薄毛になるとされています。「女性ホルモンの低下」も原因の一つです。毛髪の成長に欠かせない女性ホルモンは加齢と共に分泌量が減るため薄毛の原因となります。女性ホルモンの他に「甲状腺ホルモンの低下」も原因の一つです。女性は40歳を過ぎると甲状腺機能が低下し始め、様々な症状を引き起こす一つとして薄毛が挙げられます。また「生活習慣・食生活の乱れ」や「ストレス」も原因の一つです。睡眠不足や栄養バランスが乱れていると頭皮に必要な血流や栄養が行き渡らず、健康な頭皮環境を保てずに薄毛へと導くほか、ストレスが溜まることでホルモンバランスや自律神経が乱れ、ヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで薄毛へと導きます。さらに「間違った頭皮ケア・過度なダメージ」も原因の一つです。間違ったシャンプー方法や過度な洗髪、カラーリングなどで頭皮にダメージを与えると薄毛になることがあります。この他に「遺伝」も原因の一つとされています。

このように女性の薄毛には様々な原因が考えられ、改善するには原因を特定してそれに合わせた治療が必要となります。女性の薄毛治療の種類と内容に関しては別頁に詳細を纏めましたので、そちらをご覧下さい。また自宅でできるおススメの頭皮ケアもご紹介しているのでそちらも参考にしてみて下さい。